まったり日記です☆


by chai521

早がけ日帰り旅

日帰りでどっか行く予定の日。
ツェースィスという街へ電車で行ってみることにしました。
朝から日差したっぷりで暑くなりそう。けどまあ一応上着も持って出ました。
そしたら結局あつくて仕方ない一日になりました。
しかしこの一日だけだったな、ふつーに暑かったのは。

d0048871_2113861.jpg

                       ↑リーガの駅。

電車に乗って景色を楽しむ予定でしたが、眠かったので寝てました。
車内で2人組のバックパッカー女子を見ました。
パンパンのリュックを大小2つ持って、でかいペットボトルを提げて、
外国の旅行者はなんであんなにタフなんだろう。
ヘタレの私が一緒に旅したら、足ひっぱって仕方ないだろうな…

ツェースィスに着いてまずはインフォへ。
うーむ、静かな街だ。子供がキャッキャと遊んでいる。
インフォのすぐ横に昔のお城の跡があるので入ってみました。
石造りの古いお城で、中に入るとなんとまー涼しいこと。
お城は修復中のようで少年たちがせっせと石を運んだりしてました。ご苦労様だなぁ。
d0048871_2114729.jpg


お城の中はランタンを持って入ります。なかなかにくい演出。
d0048871_214687.jpg

               ↑片手がふさがるのでちょっと不便。

そんなに暗いとこがあるのかと思ってたけど、階段なんかは本当に真っ暗でした。
しかもランタンの灯じゃ弱いんだよな…。かなり足に近いとこを照らさないと怖いです。
なんか昔の人の気持ちになりました。
狭いらせんの階段がいくつもあって、人も少なくて探検してる感じで楽しかった。
d0048871_2185519.jpg

                   ↑ぼろぼろでちょっと不気味なんだよねー…

お城を出て適当に街を歩いてみる。
すごいボロい家があったりするけど、誰か住んでんのかなー。
あんまり観光に来てる人もいないようでした。
おいおい、写真とか撮ってんの私だけか!?て感じ。
d0048871_21114344.jpg

                   ↑なかなか味のある小路。
ツェースィスは「最もラトヴィアらしい街」だそうです。
小さくて、静かな、どこか廃れた雰囲気の街でした。

電車の時間の都合で早々にリーガに戻りました。
しかし暑い一日だった!電車はノーエアコン。ちょっと辛抱がいります。
ブルーベリー狩りの帰りと思われる人たちに会いました。
バケツいっぱいのブルーベリー。うーん、山の恵みだなぁ。

リーガに着いて明日のタリン行きのチケットを買いました。
4時間半かかるそうです。うひょー。バスに4時間半か。耐えられるかしら…

お土産を買って、旧市街を少し散策。
ここに来た日に聞いた言葉を思い出しながら、
「美しい街」をゆっくり歩いてみました。

ついでにホテルまで歩いてみました。
トラムを使えば5分くらいで着くけど、歩くといろいろ発見があって楽しい。
d0048871_21204230.jpg

             ↑川を渡れば新市街。緑いっぱいの公園も気持ちよさそう。

晩ごはんはビュッフェスタイルのレストランに行ってみました。
こういう所は一人旅にはとってもありがたい。
d0048871_21272444.jpg

                    ↑野菜、足りてません…

明日はエストニアへ行くのでラトヴィアのお金を残さないようスーパーでお買い物。
見事にトラム代を残してお金がゼロになりました。
あとひとつチョコを欲張ってたら、駅まで歩くはめになってただろうよ…
しかしこれでトイレも行けれません。これはやっちまったかも(笑)

ラトヴィア最後の夜です。
ケータイの調子がいきなり良くなって、
ホテルのお姉さんに伝えようと思ったけど結局会えずじまい。
もうちょっと感謝の気持ちを伝えたかったなぁ。
来た日にトラム乗り場を教えてくれた母娘にも…
いろいろと、ラトヴィアはなんだか忘れがたい国。


日本に帰って、バルト3国が経済的に問題を抱えていて大変なんだと知りました。
外国は「行ってみないと分からない」とよく言いますが、
実際行ってみても分かってないんだなぁと思いました。
まぁ観光でささっと行くだけなんだから、
その国の本当の姿を見るなんてのは無理な話だろうけど。

もしリーガで暮らしてみたら、私が見てきた美しい街はどう映るんだろう。
あの時、街ですれ違った人達は、何を思いながら暮らしてんだろう。
いろいろ今になって考えたりする。
ひとりたびはいろいろ見えて楽しかったり、考え込んだり。
[PR]
by chai521 | 2009-09-19 22:17 | たび