まったり日記です☆


by chai521

はるばる

次の日は移動なので今日がハンガリー最後の日。
パンノンハルマという街に世界遺産の修道院があるので行ってきました。
厳しい戒律のもとで今も修道士が暮らしているらしい。

まず電車でジュールという街まで行くのですが、
この電車っつーのが出発が遅れた上に各停だったので、午前中いっぱいかかりました。
ICだったら1時間半とかで行くものを…。
電車はちゃんと選ぶべきでした。
誰も乗らない駅にもたくさん停まって、なんか効率悪かったなー。ぶーぶー。

バスに乗って小さな街を抜けて、丘の上にある修道院に向かいます。
だだっぴろい平野が続いて北海道みたいでした。
d0048871_12134753.jpg

修道院はツアーで中に入る事ができます。
ハンガリー人に混じって参加しました。
日本語のテキストをもらえるので言葉が分からなくても大丈夫。
1時間ほどのツアーでいろんな部屋に案内してもらいました。
d0048871_1214421.jpg

修道院からの眺め。街を見下ろす感じで建ってます。

d0048871_12144854.jpgd0048871_121638100.jpg

礼拝堂はとても質素な感じ。
図書館には昔の本がたくさんありました。
昔っからみんな勉強しまくってたんだろうなぁ。

ツアーを終えて遅い昼ご飯。
近くのレストランでグヤーシュをいただきました。
グヤーシュもハンガリー名物。パプリカのスープというか煮込み料理というか。
暑い中熱いグヤーシュで汗かきました。
でもよく煮込んでいておいしかったです。
d0048871_1217342.jpg

ジュールに帰るバスは1時間に1本。
前のバスが出たばかりだったのでしばし待つことに。
風がやむことなく吹いていて気持ちよかったです。
道端で地元の人が話をしていたり、車が少し通ったり、観光地という感じはしなくて、
ここの人たちのいつもの暮らしというのをぼーっと見ていました。

旅はいつも急ぎ足で動き回ってしまうので、
たまには休みなさいよと、こういう時間を神様が与えてくれたのかなぁと
修道院に行った帰りにしみじみ思っていました。
d0048871_12171721.jpg

↑猫ものんびり。

ジュールに帰るともう5時。
パンノンハルマでほんとに一日かかったなぁ。
ジュールも観光したかったけどちょっと時間が足りない。
インフォに行って地図だけもらって帰りました。

さあブダペストに帰ります。
今度はICに乗れたので早い早い。駅もすっとばしまくり♪

が。
なんと終点まであとちょいの所でぴたっと動かなくなりました。
通過待ちかと思いきや、まったく発車する様子もない。
アナウンスも何もなく4,50分そのまま待たされました。
おいおいー。日本だったらありえないよねー。
行きも帰りも電車に泣かされた日でした。

d0048871_12175142.jpg

↑ブダペストのケレティ(東駅)
大きな駅ですねぇー。

今日はハンガリー最後の晩餐。
ホテル近くにレストランの集まる広場があるので、そこに行って食べました。どこも人でいっぱい。夜10時でも11時でもまだまだ賑やかです。みんな明日の仕事はいいのかなー。

写真は暗かったので撮ってないけど、
フルーツのスープというものを食べました。
ウェイターが生クリームたっぷりのデザートを運んでいるのを見て、
「あんなもんこんな時間に食べてるからこっちの人は皆太ってんだよ」
とか思っていたら私のでした。

クリームはよけて下だけすくっていただきました。
スムージーやシェイクとは違って「スープ」という感じでした。おいしかったです。
ワイン飲みつつ、チキンのパプリカソースもいただき、お腹いっぱいで帰りました。

もうハンガリーとお別れ。
東に西にいろいろと見所のある国のようで、もうちょいいてもよかったかなと思いました。
まぁまた来ればいっかー。

荷物を片付けていたら0時回ってました。
さっさとおやすみなさーい。
[PR]
by chai521 | 2008-08-23 13:09 | たび