まったり日記です☆


by chai521

立ちっぱなしの日

ウィーンに来ても朝ごはん1番乗り。
誰もいない食堂でのんびりガイドブック見たりする。
今日はシェーンブルン宮殿に行ってきます。
ナッシュマルクトに寄ってみました。マルクト=市場です。
まだ開店前のお店が多かったけど、野菜や肉やパンはもちろんのこと、
日本ではあまり見かけないオリーブ屋とかドライフルーツ屋があるのもおもしろかった。
国によって食べるものはやっぱり違うなぁ。

d0048871_16262797.jpg

長ーいスイカやドラゴンフルーツも見えますねぇ。

シェーンブルンにも早めに着きました。混んでいるとは聞いていたけど、
やっぱり早いうちはまだ歩きやすくてよかった。
ここでもオーディオガイドを借りて部屋を見て周りました。
このガイドは早送りができなかったので、40室みっちり勉強できました。
昨日の王宮といい、シェーンブルン宮殿といい、ガイドのおかげで楽しく観賞できました。

一通り見終えた後、宮殿の向かいにあるグロリエッテというところへ行きました。
バスに乗ってトコトコと。それにしても広いです。

d0048871_1626555.jpg

向かいに見えるのが宮殿。あの中を見学していたのです。

お昼になったので中心部へ戻りお昼です。
お昼はサンドイッチばっかです。朝も昼も夜も下手すりゃサンドイッチです。
でもだいたいどこで買ってもおいしいからいいの。

午後からは美術史博物館へ。
いやー名画の数々。見たことある!というのがたくさん。
中が豪華なつくりで驚きました。大英博物館とかルーブル美術館みたいに大きいだけのは別にいいけど、内装がこんなに凝ってる美術館は初めてな気がする。さすがウィーン…

d0048871_16272230.jpg

ここではデューラーの絵画が観れてよかったです。
ラファエロの草原の聖母も拝めてよかった。
とにかく巨匠と呼ばれる画家の絵がたくさんでした。
解説の英語ぐらいは理解できるようになりたいと思いました。
(読み始めてもだいたい途中であきらめてしまう…)

その後、レイルパスを買っていたのでヴァリデーションしに駅へ行ってきました。
残りの2日で使う予定だったけど、せっかく3日分あるので今日から使ってみました。
ということで近くのバーデンという街に行ってきました。

賑やかでも静かすぎるでもなく、いたって普通の街でした。
地元の人ばかりという感じで平和。何をするでなく教会に入ってしんみりとしてみたり、
適当にふらふらとしました。

d0048871_1628449.jpg

駅から市街地への道。さわやか~

日焼け止めがなくなってきていたので、ドラッグストアで探したけど、なかなかいいのがない。効果が低いのばっかりで、ボトルはでかいし、感触もベタベタするしで、うーんイマイチ。
日本の日焼けに対する意識の高さというのを感じました。
さらさらで効果も高くて持ち歩きできる小さな容器、そして種類の多さ、
日焼け止めのクオリティは日本が世界一かもねぇ。

ウィーンへの電車も快適、明日からの鉄道旅も楽しみです。
さてホテルへ帰って近くのレストランで夜ご飯です。
グーヤシュ(ハンガリーのグヤーシュと同じ)とクネーデルを食べました。
d0048871_16282651.jpgd0048871_1638554.jpg

グーヤシュはハンガリーで食べたのと違ってシチューに近い。
クネーデルは小麦粉とたまねぎとかを団子みたいにして揚げたものって感じかなぁ。
量が多すぎてやっぱり飽きてくる…

席を立って帰ろうとすると後ろの席に座っていたおじいちゃんに「ニーハオ!」と声をかけられたので、「イエイエ、『こんにちは』です」と言うと一緒に来ていたおばさんが流暢な日本語で話しかけてきました。
彼女は日本大使館で長いこと働いていたそうで、亡くなったけれど旦那さんも日本人だったそうな。どうりで日本語上手なわけです。
オーストリアと日本の違いとか、日本のガイドブックはすごい詳しいとか、
京都に行って精進料理を食べたんだとか、
彼女に通訳してもらいながら3人でいろいろ話をしました。
大学の話をすると、30年前はあそこは何にもない田舎だったんですよ、だって。
よく知ってるなぁー。

読んだことがないので話があまり分からないけど、
どうもこのおばさんは「プラハの春」にちょっと登場するらしい。
帰ってあとがきを読んでみたけど、言ってたことがいろいろと同じだった。
苗字は違うけど名前は小説と一緒なんだと言ってたし…。
旦那さんのことも聞いたとおりだった。(名前がうちの兄と同じだったのでよく覚えていました)

日本語もうまいし、嘘つくような人には全く思えなかったので本人なんだろう。たぶん。
実はすごい人に会ったのではないか…私。

帰国してからちょっと興奮してしまったのでした。

ここのレストランに入ったのも偶然で、この人たちに出会ったのも偶然だったけど、
そういうのがうまいこと重なってとても楽しい夜になりました。

ほろよい気分でホテルに帰れば、またドアが開けられず半泣きでした。

日本に帰ったらプラハの春を読もうと思いながら就寝。

そういえば近くのベーグル屋さんは何故閉まったままなんだろう。
[PR]
by chai521 | 2008-08-27 17:04 | たび